競争入札システムで「最適な土地の有効活用」株式会社DAIM

土地活用の窓口の加盟企業「株式会社DAIM」をご紹介します。
この企業へのお問合せはこちらからご連絡ください。(完全無料)

比較による収益の最大化

土地の有効活用において、最も大きな支出は「建設代金」です。

その建設代金のお支払い先である、建設会社・ハウスメーカーのご提案にも優れたものが多々あるかと存じます。

しかし、建設会社・ハウスメーカーは、本来である「建設すること」が目的です。あくまでも「建設すること」はお客様の目的達成の為の手段の一つであり、 「建設代金」と「建設代金」に見合った「商品力、技術力、信用力、品質、アフターサービス」等の総合的な視点で建設会社・ハウスメーカーを比較すべきであると考えています。

弊社では、お客様の「土地の有効活用のパートナー」として、建設会社・ハウスメーカーを「競争入札」・「総合的な視点」にて選定し、 「最適な土地の有効活用の総合プロヂュース」をおこないます。

お客様、弊社、選定した建設会社・ハウスメーカーと共に「収益の最大化」、「安定した収益の確保」の実現を目指します。

建設工事の「競争入札」とは?

「競争入札」とは

「入札」の手法の一つで、売買・請負契約などにおいて、最も有利な条件を示す者と契約を締結するために、 応募者すべてを入札に参加させる一般入札とは異なり、特定の条件により発注者側が指名した応募者に内容や 入札金額を書いた文書を提出させて、内容や金額から契約者を決める方法。

「競争入札」のメリット

比較性

「一つの同じ図面」を基に建設会社・ハウスメーカーの数社が見積りする為、正確に金額の比較が出来る。

信用性

「総合的な視点※」をクリアした、建設会社・ハウスメーカーにのみ入札参加を呼びかけをすることで確保できる。
 ※商品力・技術力・信用力・品質・アフターサービス等

透明性

1社の見積りだけでは、価格が妥当か否か(高い?安い?)の判断が付かないが、複数他社との比較で確保できる。

価格性

競争入札により低価格で、契約を結べ、建築代金の出費を最小限に抑えられる。

「競争入札」のデメリット

煩雑性

資料作り ⇒ 入札の呼びかけ ⇒ 説明会の実施 ⇒ 入札 ⇒ 落札会社の決定の流れが必要であり、常に手間がかかる。

「各社からの提案」と「競争入札」との比較

“各社からそれぞれの提案"を受けた場合

kakusya

“競争システム”を採用した場合

kyousou

建設会社・ハウスメーカーとの比較

hikaku

賃貸需要のマーケティング

土地活用の手段として、一般的に下記のような方法が考えられます。

plan

但し、「収益の最大化」、「安定した収益の確保」を実現するには、その土地に見合った有効方法を採用することが重要です。
土地に見合った有効方法を検証するには「マーケティング」を行わなければなりません。

企業概要

企業名株式会社DAIM
設立2014年9月
代表取締役樋口 直樹
本社大阪市西区靭本町1-10-24 三共本町ビル12階
URLhttp://www.daim.co.jp/

土地活用の窓口では、あなたに最適な
土地活用プランを提案してくれる優良企業を
完全無料でご紹介しています。

企業の紹介や土地活用のご相談は、
こちらからお気軽にお問合せください。

<<土地活用無料診断はこちら>>

相談無料。このボタンからお電話であなたのお悩みをご相談ください。