税金対策

相続税対策を考え始める時期はいつ?見直す時期は?

相続

3,000万円+法定相続人の数×600万円以上の資産を手に入れたら、将来のために相続税対策を考え始めましょう。相続税の最高税率は55%です。ある程度資産を持っている人が節税対策をせずに遺産相続をすることになった場合、家族に大きな納税負担を残すことになります。とくに、一般家庭では財産比率の多くをすぐに現金化できない不動産が占めているため、「相続税を払うために住み慣れた実家を処分することなった」などのトラブルにもなりかねません。

節税をしつつ遺産トラブルを予防するためにも、ここでは相続税を考え始めるタイミングや、相続税の節税対策をするメリットについて解説します。

一定以上の資産を持つ人は生前に相続税対策を始めよう

資産が多い

冒頭でも説明しましたが、持っている現金や美術品、不動産等の総額を計算すると、3,000万円+法定相続人の数×600万円以上ある場合は相続税対策が効果的です。

日本では、第三者に一定額以上のお金や財産を渡す場合、相続税か贈与税のどちらかを納税する必要があります。しかし、控除や税の特例を考えると、多くの場合贈与税対策をして生前贈与をするよりも、相続税対策をして相続させたほうが納めるべき税金を抑えられるのです。

まずは、相続税対策を考え始めるのにおすすめのタイミングと、そもそもなぜ相続税対策が必要なのかを押さえていきましょう。

日本は相続税の負担が重い

基本的に、日本の相続税は驚くほど高いです。相続税とは、故人の財産を相続する際にかかる税金のことで、遺産総額によって税率が10%から55%まで変動します。2019年の時点で、消費税が10%、所得税でも最高税率が45%だということを考えれば、いかに相続税率が高いか理解できるでしょう。

実際には控除があるため課税額は抑えられますが、生前がんばって築いてきた財産を税金として国に納めること自体に、不満を感じる人は多いです。日本で生活している以上、納税からは逃れることができないため、相続税の納税負担を賢く抑えるために相続税対策をする必要があるのです。

節税対策をしていないと税金の支払いで実家や不動産を手放す必要も出てくる

相続税は、故人の財産、遺産の額に応じて納税額が決まります。問題は、遺産相続の手続きや納税額の計算などを、相続人がそれぞれ負担することです。ある程度の財産を持っている人が相続税対策をせずに亡くなった場合、遺族に大きな迷惑をかけることになってしまいます。

たとえば、

  • 相続人の数は故人の子ども1人
  • 遺産総額1億円(預貯金などの現金が1,000万円、不動産があわせて9,000万円)

というケースの相続税額は、

  • 課税される額=1億円-(3,000+1人×600万円)=6,400万円
  • 相続税額=6,400万円×相続税率30%-控除700万円=1,220万円

です。計算内容の詳しい解説はおいておきますが、ここで重要なのは、1億円の遺産を相続したのに、遺産の現金だけでは納税できないということです。日本は、とくに持ち家志向が強く、現金よりも高額な不動産を持っているご家庭が多いため、しばしば多額の相続をしたのに納税できないといったトラブルが発生します。

相続税は、原則現金での一括払いです。また、相続開始から10ヶ月以内に納税できないと、延滞などの罰則としてさらに納税額がふくれあがってしまいます。相続の準備をしていないと、相続財産である家やマンションなどを売却して現金を作ったり、相続人が自分の貯金から何とか納税費用を工面したりする必要が出てくるのです。

例題では相続人1人のケースを考えましたが、たいていの場合、相続人は複数存在します。不動産は、現金のように簡単に分割できません。「父が亡くなった。父名義の実家は母へ相続してもらい、子どもは現金をわける」といった分割をすると、「家より現金のほうが金額的に少ないため、相続が不公平だと不満が出る」「家を相続した母は納税資金がない」といったトラブルに発展してしまいます。

家族の仲が良好だと思っていても、家族の配偶者からアドバイスを受けて意見を変える人が出てきたり、相続額の少なさや不公平感から隠れた不満が噴き出し、残された家族間でもめごとになったりする場合もあるため、トラブルを防ぐためにも生前の相続税対策が必要なのです。

「相続後」に相続税対策をすることはできない

相続税の節税対策は、基本的に故人が生きている間しかできないという問題もあります。故人の配偶者だけが利用できる特殊な控除などもありますが、資産を圧縮して節税しやすくしたり、相続で問題が出ないように資産を組み替えたり、生前贈与で遺産を先に渡したりできるのは生前だけです。

故人が亡くなってから、また亡くなる直前になってから慌てて相続税対策を始めても、期待する節税効果は得られません。相続税の節税は、余裕のあるうちから取り組む必要があります。

相続税対策を早めに始めるメリットは節税効果の大きさや相続トラブルの予防

現金を不動産へ

相続トラブルや納税の面倒さを考えると、生前に相続税対策をしておくほうが得策です。しかし、実際には日々の仕事や家事で忙しく、なかなか決断できないという人もいるでしょう。そこで、相続税対策を早めに始めた場合に手に入る、

  • 資産の組み替えによる節税効果の大きさ
  • 相続トラブルの予防効果
  • 生前贈与を活用できる
  • 不動産の活用による節税
  • 死蔵している不動産の再活用

といったメリットについて解説していきます。

現金を不動産に組み替えて相続財産を圧縮できる

少し複雑ですが、相続税の税額計算では、不動産は実売価格よりも価値の低い資産として扱われるのが一般的です。もともと、不動産には定価がありません。たとえば、毎年納める固定資産税の額を決める際に使われる「固定資産税評価額」は、市場価格よりも安くなることが多いです。

相続税額を計算するとき、基本的には「相続発生時点の時価」を使います。ただ、不動産に関しては相続時専用の計算方法を適用でき、時価の8割程度まで価格を下げられるのです。

1,000万円の現金をそのまま残せば、1,000万円に対する相続税の納税が必要になります。しかし、時価1,000万円の不動産を残すと、800万円に対する相続税の納税だけですませられるのです。

多額の現金を持っている場合、現金で不動産を買っておいたほうが将来の相続税を節税できます。

あらかじめ資産を整理しておくと相続トラブルを予防できる

相続税対策は、原則として、

  • 生前贈与などで遺産を減らす
  • 資産の組み替えなどを駆使して税額計算上の資産を減らす
  • 控除を使えるよう準備しておく

方法しかありません。このうち、生前贈与と資産の組み替えによる節税ができるのは、故人が生きている間だけです。法律上のルールとして、故人が亡くなるまでの3年以内に実施した生前贈与は、実質的に相続行為としてカウントされます。直近の相続税対策自体、「納税から逃れるための方法ではないか」と指摘されて追加で課税されるリスクがあるため、あまりおすすめできません。

また、財産を残す側の健康状態や年齢によっては、「いずれ相続対策をしよう」と考えているうちに寝たきりになったり、認知症になって考えや意見が大幅に変わったりする可能性もあります。介護を担当した家族とそうでない家族の間で遺産の相続割合を変えた結果、介護をしていなかった側から不満が出るといったトラブルも多いです。

現金や不動産など、資産の額や割合が偏っていると相続人から不満が出ます。あらかじめ公平に相続できるようにしておけば、たいていの相続トラブルを予防できるでしょう。

早めの生前贈与で将来の相続税を節税することも可能

贈与

相続税の対策として、「生前贈与」を使うという方法もあります。贈与税には年間110万円までの基礎控除があるため、110万円ずつ家族に贈与していけば、現金を非課税で渡すことが可能です。

ただし、さきほど解説したとおり、故人が亡くなるまえ3年間に行われた贈与は、相続だとみなされ相続税の対象になるため、生前贈与は計画的に進めましょう。また、相続とみなされないように贈与をするためには、贈与を受ける相手の同意を取っておくことも重要です。

「子ども名義の口座にこっそりお金を積み立てておいた」といったやり方では、生前贈与として認められません。可能であれば、毎年贈与に関する契約書を作ってお互いに署名・捺印し、正式な契約として生前贈与を実行しましょう。

また、親として孫の教育資金を援助したり、子どもが家を買う際に金銭援助をしたりした場合、贈与の控除に関する特例を使えば、まとまった額を非課税で贈与できます。ただし、生前贈与に力を入れすぎた結果、財産を残す本人たちの老後資金がなくなってしまうと別の問題が出てきてしまうので、無理のない範囲で生前贈与を活用するのがおすすめです。

不動産によっては賃貸物件として活用することも可能

ひとくちに不動産といっても、故人のマイホーム、相続などで手に入れたものの放置していた土地・建物、ビジネスとして運用していた賃貸物件や店舗物件は、それぞれ相続時に使える控除の額などが変わってきます。

故人のマイホームを相続する場合、非常に効果の大きな控除を利用できるため、よほどの大金持ちでもない限り、相続税がかかることはありません。問題は、自宅以外に不動産を持っているケースです。自身の親から相続した田舎の土地など、使う予定のない不動産を残していると、納税や不要な不動産の処分のために、遺族へ余計な負担をかけてしまいます。

そこでおすすめなのが、賃貸物件への転用です。ビジネスに利用している不動産は、一般的な不動産よりも相続税の評価額が安くなります。不要な不動産を早めに売却し、手元のお金で賃貸アパートやマンション、駐車場などに変えておけば、賃料収入を手に入れながら相続税対策をすることが可能です。

立地条件のよい不動産であれば、家賃収入を老後資金として使うこともできます。

空き家活用の補助金を使って不動産の再活用も可能

リフォーム

もし、将来的に施設への入居を検討しており、自宅や所有している不動産に住む予定がない場合、住まない不動産を再活用してもよいでしょう。たとえば、子どもたちが遠方に住んでいる場合、相続後に空き家を作らないようにしておけば相続後のトラブルを軽減できます。

少子高齢化と人口減少が続く日本では、年々管理されていない空き家が増えているという問題に対処するため、空き家対策特別措置法という法律が作られました。空き家対策特別措置法は、各自治体が地域の衛生や防犯上問題のある空き家を、「特定空き家」として認定した場合、固定資産税の優遇を取り消したり、強制的に解体して費用を不動産の所有者に請求したりできるようにした法律です。

相続した空き家を、「面倒だから」と放置する人は少なくありません。しかし、不動産を放置した結果、特定空き家に認定されると、遺族へ不動産を処分したり管理したりするための費用や時間を負担させてしまうので、活用していない不動産がある場合は売却や建て替え、リフォームなどによる再活用を検討しましょう。

なお、空き家の建て替えやリフォームに対して、独自に補助金を用意している自治体も多いです。補助金を使えば、費用を抑えてテナントや賃貸物件などに生まれ変わらせることができるため、お住まいの地域で利用できる補助金制度について調べることをおすすめします。

時間に余裕があれば補助金を使ってリフォーム・建て替えするという手も

相続税対策というより、遺族のための下準備という意味合いが強いものの、自宅のリフォームや建て替えもおすすめです。

たとえば、実家を引き継ぐ子ども世帯の要望に合わせて生前に住まいをリフォームしたり、建て替えたりしておけば、住宅の寿命を延ばしつつ遺産を圧縮することができます。

自治体によっては、自宅のリフォームや建て替え費用のための補助金を利用することも可能です。省エネ性能の高い設備を導入したり、減税を受けたりして、より住みやすい住宅にしておけば、自宅を相続した家族も快適に暮らしていけるでしょう。節税面だけでなく、相続後の暮らしのことまで考えて対処できるのも、相続税対策を早めに考え始めるメリットだといえます。

また、生前に財産を使って高機能な住宅にリフォームなどをしておけば、売却しやすくなるのもメリットです。売却にしても住みつづけるにしても、遺族に選択肢を与えるという意味では、効果の大きな控除を使える自宅にお金をかけるメリットは少なくありません。

相続税対策に手をつけないデメリットは資産価値の下落や売却難易度の上昇など

不動産価値の下落

相続税対策をしない場合、不動産の資産価値が落ちてしまい、売却の難易度が高くなってしまう点に注意が必要です。

相続財産である自宅に引き続き遺族が住む場合を除くと、不動産は持っているだけで修繕費用や固定資産税などの維持費がかかるため、相続を機に手放す人も少なくありません。しかし、不動産はそもそもの金額も高く、気軽に売買できるものではないため、売却するためにもさまざまな準備や手続きが必要になってきます。

現金はともかく、不動産は経年劣化でどんどん価値が落ちていくため、できれば処分する際の手間まで考えて早めに相続税対策を始めましょう。

不動産は築年数が経過すればするほど資産価値が落ちてしまう

基本的に、不動産の時価、資産価値は築年数が古くなればなるほど下がっていきます。実際には住まいとして問題なく住みつづけられる状態を維持していても、木造住宅なら築20年程度で建物部分の資産価値はほぼゼロ査定になってしまうため注意が必要です。

古い物件は、住まいとしての寿命に不安があったり、老朽化を始めとした問題点を持っていたりすることが多いため、中古不動産市場で人気がありません。資産価値の低い物件は、高く売ることができないだけでなく、そもそも売却そのものが困難なのです。

相続税の納税は、相続開始から10ヶ月が期限となっています。納税資金を用意するために売却しようと思っても、期限までに売却できなければ遺族に大きな負担がのしかかります。不動産を残す場合は、売却のしやすさや収益性まで考えて資産の組み替えをしておきましょう。

住まない・売るのが難しい不動産を持っていると毎年無駄な維持費がかかる

相続した家を利用せず、放置すると、相続人が毎年固定資産税や修繕費用を支払うことになります。人が住まない住宅は、湿気がこもって急速に劣化していくため、放置している間に築年数が経過すれば簡単に売却できない状態になってしまうでしょう。

さらに、所有している空き家に近所の他人が入り込んで怪我などをした場合、所有者が管理責任を問われてしまいます。遠方の不動産、住まない不動産は持っていても負担になるだけなので、あらかじめ相続税対策で空き家を残さずにすむように処分しておくのがおすすめです。

早めに相続税対策を始めて残される家族の負担を軽減

相続税対策を充実させておくと、泥沼の相続トラブルや不要な不動産を売却する手間といった負担を軽減できます。また、相続税の節税効果も、いざ相続することになってから始めるより、あらかじめ準備しておいたほうが大きいです。

空き家対策特別措置法が成立したことで、住まない家を放置するデメリットも増えました。一定以上の財産を持っている場合、必ず相続や納税手続きが必要になるので、ご自身のためにも家族のためにも生前に相続対策を始めましょう。


相談無料。このボタンからお電話であなたのお悩みをご相談ください。