土地活用する前の基礎知識

土地活用プランナーに相談できる|おすすめと全種類の特徴

「せっかく土地を所有しているのに活用方法が分からずそのままにしている」

「条件の良い土地が売りに出されているから、購入して土地活用させたい」

そんな考えをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では土地活用法を「売る」「貸す」「自己活用」「共同活用」の4つに分類し、代表的な全12手法それぞれの特徴やメリットをご紹介しています。

当サービスでは実際の土地活用プランナーも在籍しており、お客様のお悩み相談を無料にて承っています。

最適な土地活用法を見極めるためにもぜひ参考にしてみてください。

売る

売却

まず、土地の活用に困っている場合一番に思いつくのがこの売却でしょう。

土地を保有しているだけで毎年固定資産税を納めなければならず、土地の大きさによっては高額の税金を納めるなんてことが考えられます。
「使う予定がない」「他の方法は失敗しそうだから行動できない」という方は、リスクを負わない売却で土地を手放すのが一番手っ取り早い方法です。

貸す

定期借地

これは所有する土地を店舗や賃貸住宅を建てたい企業に10年〜50年ほどの長期間で貸し、地代収入を得る土地活用法です。自ら投資を行わないためリスクが少なく、手軽に出来る土地活用と言えるでしょう。
ただし、貸し出してしまえば契約期間中は土地が返ってこないので、ご自身で所有地を活用するつもりが無い場合のみおすすめです。

また、契約内容が一定条件を満たしていれば「定期借地権」と呼ばれる権利が得られます。
この権利により、土地が戻ってこないなどの問題が起こさずに定期借地ができます。契約内容と定期借地権の内容は必ず確認しましょう。

自己活用

駐車場経営

駐車場経営には、不動産業者に管理運営を任せた月極駐車場にするか、専門業者に管理運営を任せたコインパーキングにするかの大きく2択があり、どちらも初期投資が少なく済みます。

月極駐車場には

  • 駐車場利用者、賃料回収を自力で行う
  • 業者に委託する
  • 空車があっても一定の金額を受け取る

という方式があり、コインパーキングには自分で初期投資する方式と初期投資を業者に頼むものがあります。

しかしながら、高額な収益はあまり期待できないので、将来的に売却を考えており短期間だけ活用したい場合や、少しの空きスペースを活用したい場合などに向いています。

賃貸住宅経営

初期投資額は数千万円〜数億円と非常に高額ではありますが、相続税や固定資産税の対策として非常に有効な方法でもあり、経営方法によっては安定した収入も期待できます。

幅広い土地に対応でき、駅近や都心部といった需要が高く住環境の良いエリアに土地を所有している場合や、節税を目的に土地活用したい場合などには特におすすめできる活用方法です。

トランクルーム経営

トランクルームの需要は高く、場所によっては高利回りの期待できる土地活用法でもあります。
アクセスや日当たりなどが悪く住環境として適さない土地や、所有する建物の空きスペースなども、トランクルームとしてうまく活用出来るでしょう。

ソーラー(太陽光発電)

1000万〜2000万程の初期費用で済み、2012年に制定された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(別名:FIT制度)」と呼ばれる、一定価格で一定期間買い取る事を国が保証する制度により、安心して収益化できます。

日当たりさえ良ければ比較的どんな土地でも安定した経営が出来るため、人口が少ないエリアや、地価が安いエリアの土地を持つ人におすすめの土地活用法と言えるでしょう。

オフィス経営

住居系の賃料よりも比較的高額な賃料でテナントを貸し出せるため高い利回りを期待でき、日当たり等も考慮しなくていいという利点があります。

しかし、オフィス需要がある土地でなければ経営が成り立たないと言うデメリットもありますので、都市部の駅近や、人通りの多い道に面した土地を持つ場合のみおすすめです。

商業施設経営

商業系施設経営とは、所有地にコンビニや飲食チェーン、ショッピングモールなどのブランドを持つ企業と共同で商業施設を出店する土地活用法です。
商業施設経営は住居系の賃料よりも高い賃料を望め、高利回りが期待できるでしょう。

都市部、郊外かかわらず人通りの多い道沿いや、交通量の多い道路沿いに土地を持つ場合はもちろん、所有地周辺に生活利便施設が無い場合などに適しています。

医療系施設経営

医療系施設経営は200坪以上程の広さを要し、住宅地近辺や、周辺に医療施設が少ない土地に向いた方法であるため場所を選びます。

社会貢献ができ、なおかつ比較的高い利回りを期待出来るため、上記のような土地を持つ人には適しています。

介護系施設経営

投資額は1億円〜数十億円程と莫大な額がかかりますが、国や自治体などから補助してもらえるケースも多く、少子高齢化が進む今ニーズも高くなっています。

社会貢献をしたい方はもちろん、駅から遠いが広めの土地を持っており安定した活用をしたい場合にもおすすめです。

共同活用

等価交換

等価交換とは、ディベロッパーなどの事業者と協力し事業化する方法で、土地の所有者が土地を提供し、事業者が建築費を出資する形になります。
完成した建物や土地の区分所有権はそれぞれの出資額の割合に応じて取得することができます。

立地がよく、中高層や大規模の建物を建てられる土地を所有しているが、自分では多額の投資をしたくない場合や、土地を部分的に売却したい場合などにおすすめの活用法です。
また、事業化する事で土地の価値が元値より上がる可能性もあるため、売却を考える人も一度検討してみるべき土地活用法と言えるでしょう。

土地信託

等価交換と同様に、大規模な土地を所有しており、自ら事業化する気がない場合に向いた方法ですが、等価交換との大きな違いは土地の所有権を失わない事にあります。

大きな土地を活用したいが、プロに任せ安定した収入を得たい人や、所有権を残したまま相続税などの税対策をしたい人に向いています。

土地を最大限活かすには、所有地の分析と活用方法の比較が大切

一言で土地活用といっても様々な方法が存在します。方法1つ1つにメリット・デメリットがあり、また条件にあう土地も変わってくるでしょう。

土地を最大限有効活用するためにも、自分の所有地にはどういった特徴があるのかを冷静に見極め、数ある活用方法と比較し、慎重に判断していくことが大切です。

 

最後に

いかがでしょうか。

土地活用は気軽に行えるようなものではありませんが、十分な情報収集をして慎重に判断すれば、安定した副収入を得られたり、税金を大幅に減らせたりと、大きなメリットがあります。

活用方法の検討にはぜひ当社の活用無料診断をご利用ください。

通話料無料のなんでもお悩み相談所も設けております。

土地の活用なんでもお悩み相談所

通話料無料・全国対応: 0120-990-141

相談員の中には、土地活用プランナー宅地建物取引士ファイナンシャルプランナー2級実際に土地を有効活用した経験者など相談員が多数在籍しております。

聞いてみるだけ、興味本位でも構いません。

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

あなたの向いている活用プランがわかり、土地活用の検討が一歩前に進むはずです。

数年後に検討している場合でも、情報の収集は早め早めに行いましょう。


あなたの街の最適な土地活用プラン
クイック診断してみよう!!(無料)


  • 1
  • 2
  • 3

    重視することはあとから変更できますので、現在のお気持ちで選択肢してください。

  • 4

    SMSにて土地活用プランの控えを送信しています。入力後1秒でお手元に届きますので正しくご入力ください。加盟業者からお電話が来ることはありませんのでご安心ください。

  • 5

    ご入力は任意ですが、業界裏事情満載の小冊子を無料でお送りしておりますので、ご入力いただく事をオススメします。

親切・丁寧にご対応いたします
無料で一括査定!!

依頼がご不安な方、ご不明点のある方へ

親切・丁寧にご対応いたします只今スタッフ待機中

依頼がご不安な方、ご不明点のある方へ

「アパート建てるのにいくらかかるか知りたい」「業者に聞いても言ってることが違って何が正しいのかわからない」など、なんでも結構です。全て無料でご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。ご相談方法は、下記よりメール、または電話にて受け付けております。

お電話から相談する

お気軽にお電話ください

0120-990-141

0120-990-141

【営業時間】24時間対応中!

メールで相談する

24時間オンライン受付中

メールで相談する

「土地活用の窓口」は、土地活用に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。


相談無料。このボタンからお電話であなたのお悩みをご相談ください。