土地活用する前の基礎知識

土地活用するなら大手が安全?大手のメリット・デメリットをプロが解説

相続した土地を持て余している人や、これから不動産投資を始めたい人にとって、大手企業に土地を委託することは最も安全と思われている手段です。
しかし、大手企業に土地を委託することは、メリットだけでなくデメリットもあることをご存知でしょうか。

ここでは、土地活用を大手企業に任せることのメリット・デメリットをそれぞれ解説していきます。

土地活用を大手に委託するメリット3つ

土地活用は、その土地の場所や広さなどによって最適な方法が異なり、初めての人や知識が不足している方にとって、簡単にできるものではありません。
そんな人の心強い味方となるのが、土地活用について適切なアドバイスやサポートをしてくれる大手企業です。
大手企業は、その土地の価値や依頼者の意向を汲み取った上で、最適な判断を下してくれます。
下記では土地活用を大手企業に委託した際に得られるメリットをまとめました。

1. テナント契約や土地のメンテナンスを代行してくれる

大手企業に土地活用を任せることのメリットは、まず土地の維持や運用にかかる面倒な手続きやメンテナンスを代わりに行ってくれることが挙げられます。

土地活用のひとつにはテナント契約という方法があり、中途解約の際のペナルティなどを設けて、土地の貸出主が不利にならないように注意しなければなりません。
そこで大手企業に土地活用を任せることにより、専門知識を持ったプロが契約条件の設定や交渉などを貸出主の代わりに行い、貸出主の意向に沿わせていきます。

また、土地活用を成功させるためには、土地の価値を保つためのメンテナンスも欠かせません。雑草が生え放題になっていたり、建てたビルに欠陥が発生したりすれば、土地や建物の価値が下がり、上手く運用できなくなります。
こちらも大手企業に任せることで、常に一定の価値を保てるようにしてくれるのです。

2. 豊富な経験実績によるデータや提携企業があるので安心

大手企業は豊富な経験実績によるデータや知識、数多くの提携企業を持っています。これは自分で運用したり、経験の浅い小規模の企業に任せることでは得られない大きなメリットのひとつです。
その土地の場所や広さといった特性や、所有者の資産や年齢、目的などに合った最適な活用方法を、過去のデータや知識を基にしてアドバイスしてくれます。
また、名のある提携企業を多く抱えていることも、安心して任せることができる理由になるでしょう。

3. 土地活用に関するセミナーを多く開催している

大手企業では、土地活用を行う人に向けたセミナーを定期的に開催しています。
これから土地活用を始める人に向けたガイドのようなものから、相続対策や空き室対策、土地活用に関する最新情報など、企業が持っているノウハウを広く公開しています。
こうしたイベントを行っていることは、土地活用初心者へのきめ細かい配慮に繋がっていると言えるでしょう。

土地活用を大手に委託するデメリット2つ

上記ではメリットを紹介してきましたが、当然、デメリットも存在します。大手企業だからといって、何も考えずに任せてしまうことはリスクを伴います。
以下のデメリットに注意しながら、慎重に依頼するようにしましょう。

1. 担当者によって経験値や対応力に差がある

土地活用は長い年月をかけて行っていくもので、土地の運用を任せる企業との付き合いも、当然長いものとなります。そのため、対応してくれる担当者の力量や相性の良し悪しは非常に重要です。

大手企業に依頼する場合、豊富な知識や経験を備えた頼りがいのある担当者に当たることもあれば、経験値の乏しい担当者に当たることもあります。
母体の大きい企業だからこそ、社員一人ひとりの力量に差が生じてしまうことは仕方ありません。
どんなに大きな企業でも、直接対応するのはその企業の中の「人」です。会社の規模に関わらず、このような点は注意する必要があるでしょう。

2. 顧客数の多さから事務的な対応になることも考えられる

一概には言えませんが、大手企業の中には顧客数の多さから事務的な対応になりがちなところもあるかもしれません。
「時間をかけてじっくり相談したい」「二人三脚で土地活用を手伝ってほしい」という方は、信頼できる企業を大小かかわらず自分で調べてから、慎重に依頼することが大切です。

土地活用の方法別メリット・デメリット

先述のように、土地活用を大手に依頼することには、メリットとデメリットの両方があります。そしてそれは、土地活用の方法によっても異なります。
以下では、土地活用の方法別メリット・デメリットをご紹介いたします。

アパート経営には家賃保証がついている

アパート経営を行う上でリスクとなり得るのが、空き室があることにより家賃収入が少なくなってしまうことです。
大手企業にアパート経営を依頼する場合、空き室の有り無しに関わらず一定の収入を保証してくれる「家賃保証」がつき、入居者からの集金や契約更新の手続きも請け負ってくれます。
そのため、初めての人でも安心してアパートのオーナーになることができます。

ただし、アパート経営を企業委託した場合、家賃設定を担当するのは企業なので、時にはオーナーの意に反する価格に設定されてしまうこともあります。
不当な理由で家賃を下げられた場合でもオーナーは何も言えず、ただ家賃保証額を下げられることもあるそうなので留意しておきましょう。

コインパーキング経営では設備や運営に関わるすべてを負担してくれる

コインパーキング経営は機材の設置にかかる工事費用や老朽化した設備のメンテナンスなどの費用をすべて企業に負担してもらうことができます。

しかし、コインパーキングの経営を企業に委託する場合、形式としては土地の所有者は「土地を貸し出しているだけ」の状態です。
そのため、自分で設備を揃えて運営まで行う場合と比べて、得ることができる収入はかなり少額になります。

自動販売機設置の経営は土地を貸すだけなら手間なしで収益が得られる

土地活用のための自動販売機の設置には、飲料メーカーに自動販売機を設置するスペースを貸し出すだけの場合と、自動販売機を自費購入して設置する場合の2種類のやり方があります。
土地を貸し出すだけの場合はゴミの処理や商品の補充の必要がありません。何もしなくても収益を得ることができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

大手飲料メーカーに土地を貸し出せば、何もせずとも安定した収益を得ることができますが、注意が必要なのは電気代の支払いについてです。
自動販売機の機動にかかる電気代の支払いは、土地の所有者が負担することになっているため、月の売上が電気代を上回らない場合、損失が生まれることもあります。
そもそも売れる土地でなければ飲料メーカーは自動販売機を設置しないので、そこまで心配する必要はありませんが、多少のリスクを伴うことも知っておきましょう。

土地活用の大手への依頼はメリットもデメリットもある

土地活用を行う場合、どんな方法でも多かれ少なかれリスクを伴います。それは大手企業に運用を任せる場合も同じです。メリットがあれば、必ずデメリットも存在します。
これから土地活用を始める人は、自分で運用する人も、大手企業に任せる人も、慎重に事を進めていくことが大切です。


相談無料。このボタンからお電話であなたのお悩みをご相談ください。